大谷 投手復帰が5月“延期”も エ軍GM「議論中」

[ 2019年12月23日 05:30 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスのビリー・エプラーGMが電話会見に応じ、昨年10月に右肘手術を受けた大谷の投手復帰時期が5月にずれ込む可能性を示唆した。「(開幕後)すぐに投げるか、少し遅らせるか議論中」と語った。

 今季は右肘手術の影響で打者に専念した。並行して投手のリハビリを続け、9月の左膝手術で中断があったが、10月に屋外でのキャッチボールなどを再開し、19日に球団が終了したことを明かしていた。現在は通常のオフ期間として過ごしており、来春のキャンプ初日から投打二刀流で参加。開幕から投手復帰の青写真が描かれていた。話し合いを重ね、来年1月には起用法が発表される見込み。 (ラスベガス)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月23日のニュース