ソフトB戦力外の市川が引退 古巣・巨人のアカデミーコーチに

[ 2019年12月21日 05:30 ]

ソフトバンクを戦力外になった市川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクを今季限りで戦力外となった市川友也捕手(34)が20日、現役引退の意向を明らかにした。「NPB一本で待っていたけれど、オファーがなかった」と10年間の現役生活に区切りをつけた。「ジャイアンツは早くから声を掛けてくれて、待ってくれた」と今後は古巣・巨人でアカデミーのコーチに就任する。

 通算成績は276試合出場で、打率.199、8本塁打、47打点。日本ハム時代の16年に、大谷(エンゼルス)がプロ野球最速165キロを記録した時にマスクをかぶっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月21日のニュース