広島・会沢、3年総額6億4000万円で更改 単年では石原慶超え球団捕手史上最高額

[ 2019年12月21日 05:30 ]

契約交渉を終えポーズを決める会沢
Photo By スポニチ

 広島の会沢翼捕手(31)は20日、広島市南区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3年総額6億4000万円プラス出来高払いで更改した。来季の推定年俸1億8000万円は、球団捕手では石原慶を抜き史上最高額となった。

 「大変いい評価をしてもらったと思っています」

 今季は自己最多126試合に出場し打率・277、12本塁打、63打点と「打てる捕手」として存在感をさらに高めた。複数球団が興味を持っていたなかで今季中に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留を決断。球団も最大限の誠意を金額で見せた格好だ。会沢は約40分間の交渉内容は明かさなかったが「必要と言ってくれたことが物語っているのではないですか」と充実の表情を浮かべた。

 今季まで2年間務めた選手会長の職は、来季から田中広に託した。「(選手会長)1年目のときが一番どうしたらいいか分からなかった」。新井、石原慶らに支えられた2年間を思い返し「一番はそこ。選手会長ひとりでは決められない。いつでも相談してくれたらいい」と“新井道”を継承して精神的支柱を担う決意を示した。

 「僕は変わらずやろうと思っている。(選手会長は)自分を成長させてくれた。自分がよければいいという考え方は、まずなくなる。どうしたらチームがよくなるか…と考える力も身につくし、それを行動に起こさないといけない。人間力のようなものはだいぶ養えたかな…と思う」

 交渉役の鈴木清明球団本部長も「若い子に対して言えることは言ってほしいと伝えた」と明かしたように、グラウンドはもちろん、グラウンド外での役割を球団からも期待される。

 「個人(の成績)はいいので本当に優勝しないといけない。するんだ!という強い気持ちを持ってシーズン最初からやれればいい」

 赤ヘル一丸は、来季も会沢抜きには語れない。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月21日のニュース