中日・根尾、バットも体重も“増し増し” 福井のゼット社工場を訪問

[ 2019年12月21日 05:30 ]

自身のバットを作る職人の技を、真剣な眼差しで見つめる根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「増し増し」で来季飛躍を遂げる。中日の根尾昂内野手(19)は20日、用具提供を受けるゼット社の福井県武生にあるバット工場を訪問。来季は今季から35グラム増量した910グラムの重量バットを使う方針を明かした。

 「軽いバットでバンバン振ってスイングスピードを上げるのもいいが、重いバットを使ってヘッドの重みを覚えるのもいい。今ま

 今季はシーズン途中からチームの先輩である大島のバットを参考にしたものを使用。さらに、11月の沖縄秋季キャンプで高橋から譲り受けたものが「振りやすい。重さのわりにヘッドが効く」と感触が良かったことで、2本を融合させたバットをオーダーした。

 ただ、この2本と決定的な違いは重さだ。どちらも875グラムだが、根尾が発注したものは910グラム。現在は、短く軽いバットが主流で900グラム以内のものを使う選手が多い中で、重さにこだわった最大の理由は「強い打球が打ちたい」からだ。強い打球は同時に飛距離アップにもつながる。同社の担当者も「投手の球に押し負けないパワーヒッター向きのバット」と説明した。

 今オフは体づくりにも取り組み、80キロに満たなかった体重も徐々に増量傾向にある。バットも体重も「増し増し」にして、2年目の勝負に挑む。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月21日のニュース