ソフトB中村晃、現状維持でサイン 来季は全試合出場が目標「一からスタート」

[ 2019年12月21日 05:30 ]

現状維持でサインした中村晃(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの中村晃外野手が20日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4年契約2年目の来季を現状維持の年俸2億4000万円プラス出来高払いで更改した。

 今季は自律神経失調症、腰痛に悩まされ、44試合の出場で打率・245に終わり「本当に悔しいシーズン。来年はしっかり試合に出られるよう、一からスタートしたい」と全試合出場を目標に掲げた。また、柳田に代わり新たに選手会長に就任し「誰にでもできることではないので、やってみようという気持ち」と決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月21日のニュース