中日入団会見 ドラ1石川「2番に恥じないプレーを」

[ 2019年12月16日 12:02 ]

<中日新入団会見>入団会見を終え、記念撮影する(左前列から)石川昂、橋本、(左中列から)岡野、与田監督、郡司、(左後列から)岡林、竹内、松田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日からドラフト1位指名された石川昂弥内野手(18=東邦)ら新入団選手7人が16日、名古屋市内のホテルで入団会見に臨んだ。

 初めて背番号のユニホームに袖を通した石川は「いよいよドラゴンズの一員としてプレーができる喜びを感じています。前に2番をつけていたのは荒木選手。とても凄い選手なので2番に恥じないプレーをできたら」と意気込んだ。

 同2位・橋本は13番に決まり「偉大な背番号で13番を岩瀬選手が付けておられたので、13番に恥じない結果を出して、将来的には13番を見れば橋本といわれる選手になりたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月16日のニュース