ヤクルト石川、奥川らに金言 来年40歳「僕が新人時代に感じたのは…」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

ヤクルト・石川
Photo By スポニチ

 来年1月で40歳を迎えるヤクルトのベテラン・石川が、ドラフト1位・奥川(星稜)ら新人に成功の秘けつを説いた。

 WACCA池袋でトークショーに出演。「僕が新人時代に感じたのは(アマとプロのストライクゾーンが)全然違うこと。そこの感覚を早くつかんでくれれば」とストライクゾーンに慣れることが必要だという。自身は制球力が武器だったため、1年目から12勝を挙げて新人王のタイトルも獲得した。奥川も制球に定評があるが、狭まるゾーン攻略が鍵となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月16日のニュース