侍・稲葉監督、ラグビー人気うらやむ「プレミア12ではパレードなかった」

[ 2019年12月16日 05:30 ]

講演した稲葉監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉監督が日本ハムSCOの立場で、北海道の野球振興に携わる北海道野球協議会が開いたセミナーで講演した。

 “つかみ”で触れたのは、W杯8強のラグビー日本代表が11日に行ったパレード。「プレミア12の世界一ではパレードがなかった。野球の危機を感じました」と話し、聴衆の笑いを誘った。講演後は「うらやましさからの発言」と本音を明かしながら、「野球の輝きを取り戻すためにも、東京五輪で勝つことが大事」と来年に目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月16日のニュース