高野台ジャガーズ優勝 スポニチ後援木内幸男旗少年野球大会

[ 2019年12月16日 05:30 ]

優勝した高野台ジャガーズ
Photo By スポニチ

 甲子園通算40勝の名将、常総学院前監督の木内幸男氏(88)を冠した「スポニチ後援第7回木内幸男旗少年野球大会」最終日は15日、茨城県取手市の藤代球場で準決勝、決勝を行い、決勝で高野台ジャガーズが2―1で宗道ニューモンキーズを下して優勝した。

 閉会式で木内氏は「毎年、回を重ねるごとに子供たちのレベルが上がってきている。練習以外で自分が何をやるのか。目標を立てて取り組むことが大事。どうか上のレベルを目指して頑張ってください」とあいさつ。少年たちのレベルの高さを評価し、さらなる成長を楽しみにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月16日のニュース