ソフトB、バレンティン獲得を発表 ヤクルトで288本塁打 年俸5億円の2年契約

[ 2019年12月16日 15:53 ]

ソフトバンクが獲得を発表したバレンティン
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは16日、プロ野球通算288本塁打のウラディミール・バレンティン外野手(35)の獲得を発表した。ヤクルトから自由契約になっていた。背番号は4に決まり、来季年俸は5億円の2年契約とみられる。球団を通じ「新しい環境で好きな野球ができることに幸せを感じている」とコメントした。

 今季のソフトバンクは得点でリーグ4位に終わっており、9年間で288本塁打を記録した右の強打者を補強した。

 バレンティンは2011年にヤクルト入団。13年にシーズン60本塁打のプロ野球新記録を樹立し、3年連続本塁打王とセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。今季は120試合の出場で打率2割8分、33本塁打、93打点。今季途中に国内フリーエージェント(FA)権を取得し、来季から外国人選手枠を外れる。

 バレンティンはヤクルトとの残留交渉がまとまらずに2日、自由契約選手として公示された。他球団は獲得に名乗りを上げなかったとみられ、ソフトバンクと合意に至った。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月16日のニュース