明大・田中コーチ「ハイブリッド野球」に意欲 来年1月に監督昇格

[ 2019年12月16日 05:30 ]

 来年1月から明大野球部の新監督に昇格する田中武宏コーチ(58)が15日、東京都府中市内の同大を訪れ、新チームのナインと就任発表後初の顔合わせを行った。

 善波達也前監督の下で11年からコーチを務め「後ろで見ていて(監督業は)大変だなと思っていた」と重圧を実感しながらも「善波さんや明治の野球と、(出身の)日産自動車で培ったことの“ハイブリッド”野球ができれば」。キーマンとして期待を寄せられた新主将の公家は「4年生がしっかりやらなければと身が引き締まる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月16日のニュース