ロッテ・西野 今季“4役目”で674日ぶり勝利 井口監督合格点「次はもう少しイニング伸ばす」

[ 2019年8月5日 21:40 ]

パ・リーグ   ロッテ8―1楽天 ( 2019年8月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>試合後、ファンの声援に応える西野 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 今季「4役目」の仕事だったロッテの先発・西野は5回3安打無失点と完璧にこなし、2017年9月30日の楽天戦(コボスタ)以来674日ぶり白星を手にした。

 「今シーズンはこの先発を含め、いろいろなところで投げさせてもらっていますが、首脳陣の起用に結果で応えることができて、本当に良かったです」

 今季は開幕1軍入りしたが、仕事は敗戦処理だった。ただ、4月2日の西武戦(メットライフドーム)から8試合連続無失点を評価され、4月下旬からは勝利の方程式で投げた。さらに5月25日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で不調の益田に代わり、一時的に抑えも代行した。

 そしてこの日、2年ぶりの先発で結果を出し、6日に一度、出場選手登録を抹消されるが、最短で復帰し、先発に加わることも決定。「しっかり投げてくれた。次はもう少し、イニングを伸ばす」と井口監督も合格点。借金は1とし、5割復帰が見えてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月5日のニュース