大谷 4打数無安打2三振、好機に凡退 エンゼルス4連敗で5割切る

[ 2019年8月5日 05:15 ]

ア・リーグ   エンゼルス2―6インディアンス ( 2019年8月4日    クリーブランド )

<インディアンス・エンゼルス>4打数無安打だった大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が4日(日本時間5日)、敵地クリーブランドでのインディアンス戦に「3番・DH」で先発出場、4打数無安打2三振だった。

 第1打席は初回2死無走者で空振り三振、第2打席は4回1死二塁から遊ゴロ、第3打席は6回2死二塁から二ゴロ、第4打席は9回無死一塁で見逃し三振だった。試合はエンゼルスが2―6で敗れ4連敗、5割を切った。

 前日3日(同4日)の同カードでは4打数2安打と昨季を上回る24回目のマルチ安打を記録。打率は・288から・292に上昇していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月5日のニュース