巨人・野上 連敗ストップへ平常心「一人一人に向かっていくだけ」 6日今季初先発

[ 2019年8月5日 15:38 ]

<巨人練習>キャッチボールをする野上(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・野上が5日、川崎市ジャイアンツ球場で投手練習に参加し、今季初先発へ意気込みを語った。先発予定の6日中日戦(ナゴヤドーム)に向けて、キャッチボールやダッシュなどで最終調整。チームは今季ワーストの5連敗中だが「それは気にせず、試合に集中するだけなので。打者一人一人に向かっていくだけ」と平常心を強調した。

 今季は中継ぎで12試合に登板し、1勝1敗1セーブ、防御率3・86をマーク。山口が右肘周囲の筋肉の張りのため離脱し、右腕にチャンスが回ってきた。中日打線については「一発を打てる打者もいるし、足も使える。打線にしないように。3番、4番、5番。その前に走者を溜めないように」と警戒した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月5日のニュース