西武・岡田“大当たり”…初回ファウルが急所付近直撃、2回は死球で乱闘騒ぎ

[ 2019年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―4オリックス ( 2019年8月4日    京セラD )

2回無死、岡田への死球をめぐって両軍が入り乱れる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 「7番・捕手」で出場した西武・岡田が大当たりだ。初回、ファウルが急所付近を直撃し、2回には先頭打者で死球を受け、乱闘寸前の騒ぎに。3回には右翼線適時二塁打で「安打になってよかった」。

 だが6回の守備で本塁クロスプレーの際、左手親指を痛めて途中交代。試合中に病院へ向かい、秋元バッテリーコーチは「直後は凄く痛がっていた。診断待ち」と話した。捕手は森と岡田の2人で、6日の楽天戦から中田が1軍に昇格する見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月5日のニュース