楽天・松井、球宴で22K熱投の夏再現へ!思い出の聖地で「KKK」宣言「三振を取れるような投球を」

[ 2019年6月25日 05:30 ]

ファン投票で選出され、オールスター(A・S)のポーズを決める浅村(左)と松井(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京ドーム、13日・甲子園)のファン投票最終結果が24日に発表された。選手間投票の結果は27日、監督推薦による出場選手は7月1日、プラスワン投票の結果が同9日に発表されて全メンバーが出そろう。

 3度目の晴れ舞台で「KKK」を狙う。パ・リーグの抑え投手部門で2年ぶりに選出された楽天・松井。楽天生命パークでの会見で「僕は三振を取るスタイルなので、そこを期待されていると思う。三振を取れるような投球を目指してマウンドに立つ」と宣言した。

 リーグ首位を走るチームの絶対的守護神として、圧巻の数字を残している。24セーブ、奪三振率15・33はともに両リーグ断トツだ。球宴はレギュラーシーズンでは見られない力勝負が見どころとあって平石監督も「直球で勝負しないといけない雰囲気があるでしょ。松井には全部三振を取ってもらいたい」と異例の指令も。松井は「もちろん直球も投げるけど、変化球で三振を取ります」とちゃめっ気たっぷりに笑った。

 「松井=三振」。このイメージがつくり出されたのが、2年時に桐光学園のエースとして出場した12年夏の甲子園だ。初戦で大会記録の22三振を奪い、一躍全国区のスターになった。今年の第2戦は思い出の詰まった甲子園が舞台。19日の阪神戦でも2奪三振で23セーブ目を挙げたが、球宴の大舞台で凱旋する聖地で奪三振ショーを披露するつもりだ。

 6月は既に月間では自己最多タイとなる10セーブをマークしており残り4試合での記録更新に期待が高まっている。パ・リーグの月間記録は16年5月にサファテが樹立した12セーブ。球宴を前に、まずは3年ぶりの記録更新に挑む。(重光 晋太郎)

 ▽松井と甲子園 12年夏の1回戦・今治西(愛媛)戦で、いずれも春夏通じて大会記録となる10者連続奪三振と22奪三振をマーク。常総学院(茨城)との2回戦では19奪三振、浦添商(沖縄)との3回戦では12奪三振。準々決勝で光星学院(青森、現八戸学院光星)に0―3で敗れたが15奪三振。歴代3位の1大会通算68奪三振を記録した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月25日のニュース