ソフトB、キューバ出身の育成20歳・コラス外野手を支配下登録 グラシアル不在の穴埋める

[ 2019年6月25日 05:30 ]

支配下登録会見で記者の質問に答える、コラス(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは24日、育成選手でキューバ出身のオスカー・コラス外野手(20)と支配下選手契約を結んだと発表した。年俸は1500万円で背番号46。左打者は「毎日頑張ってきたのでとてもうれしい」と話した。

 来日3年目の今季は2軍で打率・296、9本塁打、36打点。5月に月間MVPを受賞するなど好成績を残している。グラシアルが7月下旬からペルーで開催される国際大会にキューバ代表として派遣されるだけに、三笠杉彦GMは「グラシアルが不在のオプション。パワーだけでなく確実性が上がっている」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月25日のニュース