中日・与田監督「残念がるよりスターをつくる」 球宴ファン投票選出ゼロも前向きコメント

[ 2019年6月25日 18:22 ]

練習中にノックを打つ与田監督
Photo By スポニチ

 中日の与田監督が25日、ナゴヤドームでの練習後、球宴のファン投票での選出が12球団唯一ゼロだった現状について口にした。

 チームは現在、野手は高橋がセ・リーグトップの打率・323をマーク。投手も柳がハーラートップの8勝を挙げている。ただ、両者ともファン投票では票が伸びなかった。

 指揮官は「そういう(ファン投票で選ばれる)選手が出るよう頑張ります。残念がるよりスターをつくり、他球団のファンにもドラゴンズの選手をスラスラ言ってもらえるようにしたい」と前向き。

 その上で「選手間投票や監督推薦もある。いろんな意味で注目して欲しい」と自軍の選手達に注目が集まることを望んだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月25日のニュース