ヤクルト村上、球宴選出!狙うセ初10代アーチ でも対戦したい投手は「誰が選ばれているのか分からない」

[ 2019年6月25日 05:30 ]

ファン投票でオールスター出場を決めたヤクルトの山田哲(右)と村上は応援傘を手に笑顔を見せる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京ドーム、13日・甲子園)のファン投票最終結果が24日に発表され、ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が2年目で初選出された。球団の高卒2年目以内では初の快挙で、セ・リーグ勢では初の10代アーチの期待も高まる。選手間投票の結果は27日、監督推薦による出場選手は7月1日、プラスワン投票の結果が同9日に発表されて全メンバーが出そろう。

 初出場の19歳とは思えない落ち着きだ。先輩の山田哲と並んだ会見で、村上は「若いので元気はつらつとした、持ち味であるバッティングでアピールしたい」と、夢舞台に挑む意気込みを明かした。

 ヤクルト勢で高卒2年目以内のファン投票選出は初めての快挙。球宴を「ファン投票で選ばれたスーパースターが集まるイメージ」と捉えるが、あくまでマイペースだ。対戦したい投手を聞かれると「誰が選ばれているのか分からないので…」と苦笑いした。

 ヤフードーム(現ヤフオクドーム)で開催された10年の球宴を家族で観戦した。全セが勝ち、2安打2打点の巨人・阿部がMVPを獲得。村上は当時10歳で「小さい頃なので覚えていない」とし、自身の賞獲りも「緊張して賞どころではないと思う」と無欲で臨む。

 山田哲に「お祭り的行事なので楽しんで」と助言されたが、雰囲気を楽しむ余裕はなさそうだ。村上は「自分のスイングで打てれば一番いい」。最大の楽しみは、やはり打席に立つこと。球宴で19歳の村上が本塁打を打てば、セ・リーグ初の10代アーチとなる。

 20日のソフトバンク戦では19号本塁打を放ち、球団の高卒2年目以内の最多本塁打を更新。この日は一発こそ出なかったが、3試合連続の4番スタメンで2回に中前打し、3戦連続安打とした。それでも村上におごりはない。「今季はレギュラーを獲りたくてキャンプインからやってきた。それは、まだできていないと思っている」。球宴を足がかりに、さらなる成長を遂げる。(君島 圭介)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月25日のニュース