楽天・則本昂 1軍復帰へ手応えの6回1安打零封!「後は空振りを取れれば…」

[ 2019年6月25日 16:50 ]

イースタン・リーグ   楽天5―1西武 ( 2019年6月25日    西武第2 )

<イースタン 西・楽>先発する則本昂(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 今年3月に右肘のクリーニング手術を受けた楽天・則本昂が2度目の実戦登板。先発して68球を投げ、6回1安打無失点で5奪三振の好投を見せた。

 直球は最速152キロをマーク。5回2死まで完全投球だった。「真っすぐはまだまだだけど、真っすぐを待っているカウントでファウルも取れた。後は空振りを取れればもっといい」

 今後は7月の球宴前後での1軍復帰を目指す。「肘は張りはあるけど、変な痛みはないし大丈夫」と則本昂。真夏の暑さのような西武第2での投球に「初回から飛ばして、へばった。この疲れに慣れていかないと。68球でへばっちゃ駄目ですね」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月25日のニュース