巨人・岡本 30万票以上を集め2年連続2度目の球宴出場 初安打に意欲「何とか1本」

[ 2019年6月24日 17:13 ]

笑顔でガッツポーズする岡本(左)と坂本勇(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2019(第1戦=7月12日・東京ドーム、第2戦=同13日・甲子園)」のファン投票の最終結果が24日、発表された。一塁部門で30万票以上を集めた巨人・岡本和真内野手(22)は、2年連続2度目の出場になる。「まさか自分が2年連続で選んでいただけるとは思っていなかったので、すごく感謝しています」と喜びを口にした。

 今季は開幕から4番を務め、全69試合に先発出場。交流戦では3試合で4番を外れが、全てマルチ安打を放ち、4番の座をつかみ直した。打率・255ながら、15本塁打と勝負強さを見せている。初出場の昨年は安打がなかっただけに、「僕はまだオールスターでヒットを打ってないので、何とか1本誰かから打てるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月24日のニュース