【牛島和彦 視点】輝星、課題はセットポジション…体重が股関節に乗ってこない

[ 2019年6月24日 08:30 ]

交流戦   日本ハム4―8中日 ( 2019年6月23日    ナゴヤD )

初黒星を喫した吉田輝(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 真っすぐがちょっと中途半端だったかな。吉田輝のプロ初登板は、高めに浮く球があったけど、胸元の球で空振りを取れていた。ただ、中日打線は前回の登板で、直球で押してくると分かっていた。変化球でストライクが入れば抑えられるが、直球待ちなので、ちょっと甘くなると痛打された。

 ただ、高卒ルーキーで2戦目だと考えれば大したもの。初回無死満塁からビシエドに二塁打を浴びた。アウトを一つも取れず2点を奪われた。なおも二、三塁。右翼手・大田の好守があったとはいえ、犠飛で3点目も許したが、アップアップの状態の中で吉田輝は4点目を与えなかった。2回は3者凡退。気持ちの強さを感じた。

 課題はセットポジションでの投球。足の速い走者を背負うと、体重が股関節に乗ってこない。速いモーションでもタメをつくって投げることを練習から意識したらいい。勉強することはたくさんあるだろうが、今日やられたことを反省し、打者と対戦しながら覚えていけばいいと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月24日のニュース