オリ中川、交流戦首位打者再浮上 新人初の偉業「狙いたい」

[ 2019年6月24日 05:30 ]

交流戦   オリックス9―3広島 ( 2019年6月23日    マツダ )

10回2死三塁、中川は左越えに適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト7位・中川が延長10回に左越え適時二塁打を放つなど2安打を放ち、交流戦打率・385とし暫定トップに再浮上した。

 試合が残るライバル候補は5位の楽天・ブラッシュ(同・367)。24日のヤクルト戦を残し、新人では史上初の“交流戦首位打者”に期待は高まる。偉業達成へ「ここまで来たら狙いたい。できるなら取りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月24日のニュース