日本ハム・近藤 宮西とともに2年連続ファン投票で球宴出場「みんなが憧れる舞台」

[ 2019年6月24日 16:00 ]

オールスターにファン投票で選出され、意気込みを語る近藤(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日本ハムの宮西尚生投手(34)と近藤健介外野手(25)が24日、ともに2年連続でファン投票で球宴出場を決めた。今夏の夢の祭典は7月12日に東京ドーム、13日は甲子園に舞台を移して行われる。

 4月13日のロッテ戦で前人未踏の300ホールドに到達するなど、今季も左のセットアッパーとして28試合で防御率1・88、23ホールドを記録する宮西は「いい投手がそろっているパ・リーグの中継ぎ投手の中で1位で選んでもらって光栄」と笑顔。兵庫県尼崎市出身でもあり、甲子園での開催については「地元で投げられる(可能性がある)のは嬉しい」と目を輝かせた。

 チームトップの打率・311でDH部門で選出された近藤は「みんなが憧れる舞台に2年連続で選んでもらって、ありがたいです」と喜びを語り、セ・リーグで対戦したい投手を問われて「今永は同級生なので対戦したい」とDeNAのエース左腕の名前を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年6月24日のニュース