ロッテ平沢、今季も内外野OK「昨年の数字を超えないと」

[ 2019年1月21日 05:30 ]

内野ノックでジャンピングスローを見せるロッテ・平沢
Photo By 共同

 ロッテ・平沢がロッテ浦和球場で練習を公開。本職は遊撃手だが、昨季は外野手での出場が大半で4年目の今季も「試合に出られればどこでもいい」と内外野をこなす考えを示した。

 昨季は自己最多の112試合に出場し、打率・213、5本塁打と開花の兆しを見せた。遊撃は藤岡、外野は角中らライバルがひしめくが「競争に勝てるように準備していく。最低でも昨年の数字を超えないといけない」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース