彦根東“秀才左腕”増居が慶大AO入試合格 センバツで投げ合った慶応・生井とチームメートに

[ 2019年1月21日 18:13 ]

彦根東の増居
Photo By スポニチ

 昨春センバツで好投し、京大志望の左腕として一躍全国区となった彦根東・増居翔太投手が慶大のAO入試に合格していたことが21日、明らかになった。

 増居は昨春センバツ3回戦・花巻東戦で9回まで無安打に抑え、14奪三振の力投も10回に犠飛を浴びてサヨナラ負け。小柄ながら力投した姿に球場からは大きな拍手が湧いた。成績優秀で京大工学部への進学を志望していた時期もあったが最終的に東京六大学でプレーすることを決断したもようだ。

 くしくも、同大会2回戦で投げ合った慶応のエース左腕・生井惇己投手も内部進学で慶大入り。甲子園では敵だった左腕同士がチームメートとなる。

 増居以外にも智弁和歌山で4番を務めた文元洸成内野手らが合格。今月下旬から大学野球部の練習に合流する予定だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース