日本ハム・吉田輝 2度目のブルペンで44球 捕手も賞賛「手元で伸びてきてすごいなと」

[ 2019年1月21日 13:37 ]

日本ハム・吉田輝星
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18=金足農)が21日、千葉県鎌ケ谷市で新人合同自主トレ2度目のブルペン投球を行い、捕手を立たせたまま、変化球を交えて44球を投じた。

 前回の23球からおよそ倍の投球数。新人合同自主トレでは、初めてスライダーを解禁し、直球も前回に比べて力を入れて投げた様子だった。

 受けた松本ブルペン捕手も、「スライダーは大きく曲がって空振りが獲れそう球だった。直球は、指に上手くかかっていたときは140キロ中盤は出ていたと思う。手元で伸びてきてすごいなと」と賞賛した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース