日本ハム清宮、打撃投手相手に35スイング「打感確認できた」

[ 2019年1月21日 05:30 ]

マシン打撃を行う清宮(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 右手首炎症を抱える日本ハム・清宮が10日の打撃練習再開後、初めて打撃投手を相手にしたフリー打撃を行った。

 和田照茂ファームチーフトレーナーが「まだ50%くらいと言っていた」と話すように軽めの35スイングだったが、清宮は「前から来る球や打感だったりを、今日一日で確認できた」と納得の表情。キャンプ1軍スタートも決まっているだけに「そのへんの意味は分かっている」と早期回復を誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年1月21日のニュース