日本ハム輝星「校正」に苦戦 栗山監督に「5回くらい打ち直し」

[ 2019年1月21日 05:30 ]

外野ノックを受け力強く返球する吉田輝(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハム・吉田輝は千葉・鎌ケ谷で新人合同自主トレを行い、栗山監督への「外出報告メール」の、文章作成に苦戦していることを明かした。

 通称「大谷ルール」は、栗山監督が13年に入団した大谷(現エンゼルス)に寮から外出する際に、食事する相手なども報告を義務づけたもので、昨年は清宮にも適用した。「監督なので、ちゃんとした文章を送らないといけない。5回くらい打ち直している」と口語にならないように、自身で校正して、入念に確認しているようだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース