元巨人マイコラス カージナルスとの契約延長に前向き 昨季は最多勝

[ 2019年1月21日 15:52 ]

カージナルスのマイルズ・マイコラス投手 (AP)
Photo By AP

 米国のセントルイス・ポスト・ディスパッチ紙(電子版)は20日、今季終了後にフリーエージェントの資格を得るカージナルスのマイルズ・マイコラス投手(30)が、チームとの契約延長に前向きな姿勢を示していると報じた。同紙によると、すでに球団と代理人との間で、このオフに契約延長についての話し合いが持たれたという。

 マイコラスは2015年から17年まで日本のプロ野球、巨人に在籍。3年間で通算31勝と日本球界での実績が評価され、17年のオフにカージナルスと2年総額1550万ドル(約17億円)で契約に合意した。大リーグ復帰初年度の昨季は開幕から白星を積み重ね、最多勝のタイトルを獲得。32試合に登板して18勝4敗、防御率2・83と活躍を見せ、オールスター戦にも初選出された。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース