ソフトBドラ4板東、納得の16球 新人ではブルペン大トリ

[ 2019年1月21日 05:30 ]

ブルペンで投げ込む板東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト4位・板東(JR東日本)が筑後で行われた新人合同自主トレで初めてブルペン入りし、捕手を立たせて16球の投球を行った。

 ワインドアップからカーブも2球交え、「確認程度ですね」と納得の表情。新人では大トリとなるブルペン投球だが、社会人時代も遠投などでフォームを固めてから本格的な投球を始めた。「キャンプの実戦でしっかり投げられるようにつくっていきたい」と148キロ右腕は開幕1軍を目指していく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース