菅野、阿部らと1軍キャンプメンバー入り…巨人ドラ1高橋「同じ舞台に立てるのは光栄」

[ 2019年1月21日 17:47 ]

<巨人自主トレ>室内のブルペンでピッチングする高橋(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の春季キャンプの振り分けが発表され、ドラフト1位・高橋優貴投手(21)が新人で唯一1軍キャンプメンバーに入った。

 1軍の投手陣は菅野、岩隈、山口俊らそうそうたる17人が並ぶ。野手では阿部や坂本勇、中島らが1軍。ジャイアンツ寮で行われた確定申告の講座の後、「小学生の頃から考えたら夢のような話。同じ舞台に立てるのは光栄です。キャンプは1軍でも、開幕1軍にいないといけない。開幕1軍は目指していくところ」と話した。

 即戦力として期待される最速152キロ左腕。新人合同自主トレの休養日だった20日も、ジャイアンツ球場でキャッチボールやランニングで汗を流した。「2月からが勝負だと思っている。新人で実力がないので、先輩達について行きながら、少しでもアピールできれば」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース