エンゼルス大谷、メジャー2年目へ渡米 日本で2カ月リハビリ、2月アリゾナキャンプへ

[ 2019年1月21日 17:19 ]

<エンゼルス・大谷渡米>水原通訳(右後方)とともに搭乗口に向かう大谷(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が21日、成田空港発の日本航空機でロサンゼルスに向けて出発した。11月21日に帰国してちょうど2カ月の滞在。国内でリハビリを重ね、今月12日に都内で表彰式に出席した際には「もっとうまくなって今季に向かって頑張っていきたい」と話していた。

 エ軍はアリゾナ州テンピでバッテリー組が2月13日(日本時間14日)、野手も加わった全体練習は同18日(同19日)に初日を迎える。昨年10月に右肘じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた大谷は今季、打者に専念するが、故障者やリハビリ中の選手はバッテリー組とともに始動することが通例。どちらでスタートするか注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月21日のニュース