×

NPB、4ボール問題で審判員に注意喚起 再発防止へ塁審らもカウンターを所持

[ 2018年8月13日 18:01 ]

3回1死、鈴木の8球目はボールの判定(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は13日、東京都内で審判員を集めてミスジャッジに対する注意喚起を行った。

 9日の広島―中日でカウントを誤って四球の宣告しなかったミスが出たためで、再発防止策としてこれまで球審だけが使っていたボールカウントを確認するカウンターを三塁塁審と控え審判も持つことが決まった。

 9日に行われた広島―中日の3回1死、広島・鈴木の打席でフルカウントからの8球目がボール判定にもかかわらず、誰も四球に気付かずにプレーを続行。鈴木は10球目を打って二ゴロに倒れた。津川球審は「ボクの勘違い。鈴木選手からも何もなかった」と話し、鈴木本人も「終わってから気付いた。(投球が)長いな…とは思ったけど」。緒方監督も「(気付かなかったのは)ベンチの大きな責任。すみません」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月13日のニュース