×

楽天 茂木、初のサヨナラ弾「素直にうれしい」桐蔭学園後輩から劇打

[ 2018年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―1西武 ( 2018年8月12日    楽天生命パーク )

<楽・西>延長12回1死一塁、茂木(中央)がサヨナラ2ランホームランを放ちナインに祝福される(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天・茂木が自身初のサヨナラ弾で3連敗を阻止した。同点の延長12回1死一塁から斉藤大のスライダーを強振し、右翼席へ運んだ。4時間16分の熱戦に終止符を打つ7号2ラン。「素直にうれしい。うまくバットに球が乗ってくれた。勝負を決める一振りができて良かった」と笑顔で振り返った。

 先輩の面目躍如だ。斉藤大は桐蔭学園の2学年後輩となる。早大時代は明大のライバル投手だった。プロでは2度目の対戦で2打数2安打。「高校時代は頼もしい後輩。大学では敵になって苦しめられた。先輩の意地を見せられた」。3年目の今季は打率・245。本調子とは程遠いが、劇的な一発を浮上へのきっかけとする。(黒野 有仁)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月13日のニュース