ヤクルト西浦 2年ぶり1番で走者一掃打「目が覚めた」

[ 2018年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―2巨人 ( 2018年6月24日    東京D )

<巨・ヤ>決勝打の西浦(右)はつば九郎に「そんなばなな」と書かれたバナナでインタビューされる  (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 2年ぶりに1番で起用されたヤクルト・西浦が期待に応えた。0―0の7回2死満塁、2番手・沢村に2ボール2ストライクと追い込まれながらも、5球目の150キロの直球を左中間へ運んだ。

 走者一掃の決勝二塁打に「無心でいった。追い込まれていたし、前に飛ばせば何かが起こると思った」。1番でのスタメンは小川監督から朝の練習前に伝えられ、「目が覚めた」という。敵地で受けたヒーローインタビュー。殊勲の男は「小川さんが凄く頑張っていたし、打てて良かった。起爆剤になれるようにと思っていた」と笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月25日のニュース