札幌静修 2年連続の南北海道大会出場へ初戦突破 エース桜田完投&3安打4打点

[ 2018年6月25日 15:33 ]

第100回全国高校野球選手権記念南北海道大会札幌支部Gブロック1回戦   札幌静修7―4札幌清田 ( 2018年6月25日    札幌麻生 )

<札幌清田・札幌静修>3回1死二塁、桜田が中越え2ランを放つ 
Photo By スポニチ

 2年連続の南北海道大会出場を目指す札幌静修が札幌清田を7―4で退けて初戦を突破した。

 エースで3番の桜田翔平(3年)が7安打完投に加え、打っても3回のバックスクリーン直撃の同点2ランを含む3打数3安打4打点。「(直前に)点を取られて“やってしまった”と思っていた。当たりは完ぺきです」。1年秋から背番号1を背負う札幌静修の“翔平”は笑顔を浮かべた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月25日のニュース