ヤクルト石山 自己新12セーブ目 連続試合無失点は16でストップ

[ 2018年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―2巨人 ( 2018年6月24日    東京D )

<巨・ヤ>9回から登板の石山は2失点ながら12セーブ目(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ヤクルト守護神の石山が自己最多を更新する12セーブ目を挙げた。

 3―0の9回に登板。1死一塁から代打・阿部に右中間へ適時二塁打を浴び、連続試合無失点は16試合でストップ。さらに2死二塁でも宇佐見に右前適時打を浴びて2点目を失ったが、1点差で逃げ切った。試合後は「(無失点記録は)気にしていない。チームが勝てばいい」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月25日のニュース