阪神 またまた魔の6回 広島3連戦で計10失点

[ 2018年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6―11広島 ( 2018年6月24日    甲子園 )

<神・広>6回1死一、二塁、鈴木の勝ち越し適時打を浴びた小野(左から2人目)は無念の降板(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 負の連鎖を断ち切れなかった。阪神の直接的な敗因は9回のドリスの大炎上。ただ、1―1の6回に小野が捕まり、継投も決まらずに一挙5失点したことがチームを一気に苦しくした。広島3連戦は全て「魔の6回」に失点。中盤に投手陣が粘れないことがカード全敗の大きな要因となった。

 「今日はしっかりストライクゾーンで勝負できていた。2回以降は自分のリズムで投球できていただけに、6回先頭の四球が悔やまれますし、勝負どころで厳しく攻めきれませんでした…」

 小野は味方の反撃で黒星こそ免れたが、5回1/3を4安打4失点KO。言葉通り、6回無死から田中への四球が命取りになった。菊池に送られ丸も歩かせて1死一、二塁として鈴木に勝ち越しの左前適時打を許したところで降板。早めの継投には、3連戦全敗だけはできないという首脳陣の強い思いが見えた。ただ、2番手の岩崎も相手打線に飲み込まれ、松山、野間の連続適時打などで失点を重ねた。

 このカードは初戦で2点、2戦目も3点を6回に奪われた。すべて勝敗を左右する失点で3連戦では計10失点。今季計13失点は7回と並んで広島戦におけるイニング別最多だ。ドリスはこの日に復帰したが、マテオ、高橋聡が2軍調整中。ブルペンが手薄になっており、先発投手に少しでも長く投げてほしいところで踏ん張れない。香田投手コーチは小野について「前回より落ち着いていた。打たれはしたけど、幅は広がっていた」と評価したものの、序盤戦を支えてきた投手陣のやりくりが悪循環に陥っているのは確かだ。(山添 晴治)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月25日のニュース