大谷の魔球スプリット その落差にチームメートも驚がく「テーブルから落ちる感じ」

[ 2018年4月9日 14:10 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―1アスレチックス ( 2018年4月8日    アナハイム )

<エンゼルス・アスレチックス>力投する大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷が8日のアスレチックス戦に先発して2連勝。相手打線から12三振を奪う快投で白星を手にした。

 この日の球数は91球。100マイル(161キロ)を計測したストレートもさることながら、落差のあるスプリットも大きな武器となった。アスレチックス打線は大谷のスプリットに対して37スイングしたが、その内の約7割を占める26スイングが空振り。この魔球にチームメートの二塁手コザートも、「テーブルから落ちるような感じ」と目を丸くし、「打者にとっては厄介な球だ」と試合後にコメント。バッテリーを組んだマルドナドも「ストレートのコントロールがいいから、スプリットが打者にとってプレッシャーになる」と口を揃えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年4月9日のニュース