涌井、ロッテと契約完了「井口監督を胴上げするために投げたい」

[ 2018年1月30日 10:20 ]

ZOZOマリンスタジアムの室内練習場でキャッチボールをするロッテ・涌井      
Photo By スポニチ

 ロッテは海外フリーエージェント(FA)権を行使していた涌井秀章投手(31)と29日に都内で交渉を行い、今季の契約が完了したと発表した。チームと同じ2月1日からキャンプインする。

 涌井は球団を通じて「昨晩(29日)、契約を行いました。FAを宣言した時から日本のキャンプインまでには結論を出すと決めていました。決断の時期に差し掛かり、愛着のあるマリーンズで現役時代からお世話になった井口監督を胴上げするために投げたいという気持ちが強くなりました。契約が完了をした今はマリーンズのことだけを考えています。ここまでのトレーニングは順調に消化し体の状態はとてもいいです。新しい一年が素晴らしい年となるよう精一杯頑張ります」とコメントを発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月30日のニュース