大谷、セイコーウオッチ社と契約 17勝で「スペシャル時計」

[ 2018年1月31日 00:00 ]

セイコーウオッチとサプライヤー契約を結んだエンゼルス・大谷(左)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)がセイコーウオッチ社とサプライヤー(物品供給)契約を締結したことが31日、発表された。

 今月下旬に東京・銀座を象徴する和光で行われた会談で同社の時計4本が贈られ、服部真二CEO(65)が「契約期間内に(背番号と同じ)17勝した場合、スペシャル時計の贈呈をします」と約束。すぐさま「17勝は難しいかな…」とフォローが入ったが、大谷は「そのくらい(17勝)の気持ちで頑張ります」と答えたという。

 日本選手で17勝以上は、08年に18勝の松坂(当時レッドソックス)だけ。日本ハムでも15年の15勝が自己最多だが、大谷は「これから米国で挑戦するがとてもワクワクしている。米国で二刀流で頑張っていきたい」と目を輝かせた。

 この日は千葉・鎌ケ谷にある日本ハム2軍施設でブルペン投球を行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月30日のニュース