片平晋作氏通夜に300人参列 西武・辻監督「寂しい」

[ 2018年1月30日 05:30 ]

片平晋作氏の通夜に参列した辻監督
Photo By スポニチ

 一本足打法で南海、西武、大洋で通算1181安打を放ち、22日に膵臓(すいぞう)がんのため死去した片平晋作氏(享年68)の通夜が29日、埼玉県所沢市内でしめやかに営まれた。

 現役時代に西武で同僚だった西武の辻監督、渡辺久信SDら約300人が参列。辻監督は「寂しい。早いなという気持ち。1年目のキャンプの部屋長だった。(部屋で)裸で鏡に向かって一本足をやられている姿を見て、プロってこういうところだと思った」と話し「大先輩にいいご報告ができるように頑張ります」と優勝を誓った。葬儀・告別式は30日に行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月30日のニュース