大谷 「エンゼルス流調整法」を実践 今オフ4度目のブルペン投球 初めてカーブも交える

[ 2018年1月30日 16:04 ]

ブルペンで投げ込む大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷が30日、千葉・鎌ケ谷の日本ハム2軍施設で今オフ4度目のブルペン投球を行った。捕手を座らせて30球を投げ込み、昨年10月の右足首手術後、初めてカーブも交えた。

 大谷は17日と21日のブルペンではともに30球、25日には初めて捕手を座らせて32球を投げた。今回は中4日で同じような球数を投じており、2月14日(日本時間15日)のキャンプインを見据えた「エンゼルス流調整法」を実践している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月30日のニュース