セ・リーグCS日程を発表 予備日は変わらず1日のみ

[ 2018年1月30日 05:30 ]

 セ・リーグは29日、今季のクライマックスシリーズ(CS)の日程を発表した。3試合制のファーストステージは10月13日、6試合制のファイナルステージは同17日に開幕。

 昨年は阪神―DeNAのファーストステージ第2戦(甲子園)が大雨の中で決行され、議論を呼んだ。そのため今季は予備日を2日間にする案も検討されたが、投手起用など、レギュラーシーズン上位チームの優位性を保つ意味でも昨年と同じ1日のみとなった。ドーム球場での代替開催、ダブルヘッダーも行わない。セ・リーグの杵渕和秀統括は「(試合の挙行は)あらゆる情報を総合的に判断して行いたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月30日のニュース