日本ハム 宮西 海外FA権を行使せずに残留「相当迷った」

[ 2017年11月8日 18:01 ]

海外FA権を行使せず残留を表明した宮西
Photo By スポニチ

 日本ハムの宮西が札幌市内の球団事務所で会見し、海外FA権を行使せずに残留することを表明した。

 「今回は相当迷った。自分が必要とされているのか、されてないのか。(球団から)“このチームで引退してほしい”という、その一言が自分の中で大きかった」と語った。

 今年3月にWBCに出場し、メジャーへの憧れもあった中での決断だった。今季は入団から10年連続50試合登板、史上2人目の通算250ホールドを達成。いずれもパ・リーグ初の快挙だった。

「岩瀬さんの記録(15年連続50試合登板)に少しでも近づきたい。この左腕をファイターズにささげるつもりでやっていきたい」と誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月8日のニュース