明治安田生命・道端 V打&好リード「最後は内に来る」

[ 2017年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権第6日・2回戦   明治安田生命5―1JR東日本東北 ( 2017年11月7日    京セラドーム )

<JR東日本東北・明治安田生命>2回1死満塁、明治安田生命・道端は左越えに走者一掃の適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 明治安田生命・道端が決勝点となる先制打を放った。2回1死満塁から走者一掃の左越え二塁打。内角ツーシームを捉え「外のボールで追い込まれていたので、最後は内に来る」と捕手としての読みがさえた。

 智弁和歌山―早大とエリートコースを歩んだが、入社1年目だった昨年は配球面で苦労し、東大卒の重信投手兼任コーチの指導を受けて一から勉強し直した。この日は1失点に抑える好リードで、チームを5度目の出場で初のベスト8進出に導いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月8日のニュース