日本新薬・吹石監督 大会初勝利に満足「本当にうれしい」

[ 2017年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権第6日・1回戦   日本新薬3―1新日鉄住金鹿島 ( 2017年11月7日    京セラドーム )

<新日鉄住金鹿島・日本新薬>2回2死三塁、日本新薬・鎌田の左前打で生還した浜田(5)を迎える吹石監督
Photo By スポニチ

 日本新薬は接戦に勝ち、今年1月に就任した元近鉄の吹石徳一監督にとって日本選手権初勝利となり「全国で勝つのは難しいし、本当にうれしい。選手たちがよく頑張ってくれた」。

 先発の西川が8回1失点の好投。初回、先頭打者に三塁打を許したが「絶対に1点もやらないという気持ちで狙っていった」と後続を3者連続の空振り三振に仕留め、ピンチを切り抜いた。9日の次戦では同じく10大会連続20度目の出場で昨年準優勝の日本通運と激突する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月8日のニュース