日本ハム・浅間が退院  腰部椎間板ヘルニア手術

[ 2017年11月8日 12:01 ]

日本ハムの浅間
Photo By スポニチ

 日本ハムは8日、浅間大基外野手(21)が入院先の徳島県内の病院を退院したことを発表した。

 浅間は1日に「腰部椎間板ヘルニア内視鏡手術PED法」を受け、無事終了。退院後は鎌ヶ谷の球団施設でリハビリを開始する予定で、制限なく練習できるまでに約2カ月を見込んでいる。

 横浜高出身の浅間は、14年にドラフト3位で入団。新人だった15年にCSでスタメン出場するなどブレークしたが、昨年は開幕直前に腰椎分離症で離脱。今年もアリゾナキャンプ中に腰を痛めた影響で、19試合の出場にとどまっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月8日のニュース