DeNA南場オーナー 補強費サポート約束「右肩上がりで」

[ 2017年11月8日 05:30 ]

DeNA本社にシーズン終了報告に訪れたラミレス監督(左)は南場オーナーと笑顔で握手
Photo By スポニチ

 成績も補強費も右肩上がりだ。DeNAのラミレス監督が都内の同本社を訪れ南場智子オーナー(55)にシーズン終了の報告を行った。来季は20年ぶりのリーグ優勝が目標となるが、今季以上のサポートを受ける約束を取り付けた。

 3位からCSを勝ち抜け、日本シリーズ進出。2勝4敗でソフトバンクに敗れたが指揮官は「もう一度、日本シリーズに行くというモチベーションになる」と振り返った。今オフはFA権を持つ阪神・大和、西武・野上らの獲得調査を進めている。南場オーナーは「(球団)事業の規模も大きくなっているので右肩上がりでいきたい。それに見合うだけの投資はしていきたい」と来季に向けた補強への資金的サポートに前向きだ。

 レギュラーシーズンで73勝を挙げたが、リーグ制覇した広島とは14.5ゲーム差。ラミレス監督は「優勝には80勝が必要。優勝を狙えるチームをつくるためポジティブな話し合いができた」と来季へ気持ちを向けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月8日のニュース